ダイビング・サポート/ライセンス
  • 1.はじめに
  • 2.Cカード取得コース
  • 3.上級資格へチャレンジ
  • 4.資格をチェンジ
  • 5.みずもぐらでは

ダイビングって、おもしろそうかも・・・

ダイビングがおもしろそうだ。やってみないな。と、興味を持ったとき、専門雑誌を見つけて情報を集めてみたり、 インターネットで情報を検索してみたり、ショップを探してみたりとされると思います。

でも、専門ショップは敷居が高そう・・・

海洋を散歩するダイバー みずもぐらでは、ウェブサイトを通じて、ダイビングの基礎知識を提供して、初心者へのケアも行いながら、 すでにダイバーとして、楽しんでおられる方へも様々な情報提供を通じて、ダイビングに関するサポートも 行っています。
前もって、知りたい情報を確認してから、ショップへ来ていただけよう、配慮させていただいております。

もちろん、ショップでのワントゥワンのサービス、サポート、器材の販売やオーバーホールなども行っていますので、 安心してご利用いただけます。

技術の確かなスタッフがお待ちしています。

また、店長や潜水経験本数、数百本のベテランダイバーが、あなたをしっかりサポートしています。

一緒にダイバーを楽しんだり、ライセンス取得や、体験ダイビングなど、初心者のサポートもしっかり 行っています。2009年には、ダイビング歴30年目に入る店長やその仲間たち、16周年を迎えるショップからダイビング・ライフをはじめましょう。

今まで、体験したことのない感動、海がはぐくむ生命の奇跡、大きなものに包まれる抱擁感、 カラフルな魚たち、言葉では表せない感動がきっと、あなたに新しい何かが生まれるはずです。

Cカードって何だろう?

ダイビングについて調べ始めると必ず出てくるのがこの「Cカード」。
正式名称は、「Certification Card」といい、「認定証」という意味があります。
これは、“ダイビングに必要な知識と技術を習得した”ことを証明するもので、
Cカードを持っていれば、世界中の海でダイビングを楽しむことができるのです。

Cカードライセンスを取得して、海の素晴らしさを体感しよう。

スクーバダイビングは、地球上で最も特色のあるスポーツだと言えます。
熱帯のサンゴ礁では色彩豊かな魚たちがいたり、 すぐそばで!
イルカや鯨を見て感動と興奮を覚えたり、
わずかなトレーニングをする事によって水中写真や
水中ビデオを撮る事もでき、家族や友人に見せる事もできるでしょう。

またダイバーとして水中の宝物や遺跡を発見し、歴史を知る事も可能です。
スクーバダイビングは世界中どこででも楽しめるスポーツで、
日本では北海道から沖縄まで様々な場所で楽しめます。

NAUIスクーバダイバー認定コース(Cカード取得講習)は、
ダイビングの基本を教えるもので器材の扱い方、
身体への影響、ダイビングの環境、ダイビングの技術、等について学びます。
このコースを終了すると、学んだ時と同じ様な環境、
コンディションでダイビングができる資格を得る事ができます。
(NAUIテキストより、抜粋)

みずもぐらのCカードライセンス取得コースとは?

みずもぐらのCカード取得講習の特徴。
  1. 講習を行う場所は、小樽!! 講習後に、観光地としても有名な小樽を楽しめます。
  2. 講習受講中の器材レンタル料が無料
  3. 札幌、小樽市内の方で、3人以上のグループで取得をされる場合、
    学科の出張講習も行うことができます。(海洋講習は、小樽にて行います。)
  4. 北海道内外から講習受講の際、宿泊が必要な方は、ショップまでご相談ください。
  5. ショップの近所に、スーパーや飲食店がいくつかあり、食事の心配もいりません。
講習内容
  1. 学科講習・・・ツールの扱い方、海や水中での体の変化などの基礎知識を学びます。
  2. 海洋講習・・・実際に海に潜り、ツールの扱い方、ダイビングのトレーニングをおこないます。
講習基本料金(移動料金は含みません)¥29,800(消費税別)
海洋講習時/ポイント移動料金
ボート 1,500円/1回
ビーチ 500円/1回
  • 講習基本料金は、海洋講習費、学科講習費、ライセンス申請料金となります。
  • そのほか、上記のポイント移動料金、食事代、入浴料、交通費、宿泊代は、別途かかります。

お申し込み、お問い合わせは?

当サイトのお客さま窓口、または
お電話、ファックス/0134−24−6960から、お気軽にどうぞ。
ご連絡をお待ちしています。

Cカード取得コースの、お申し込み時のお願い。

 お申し込みを受け付けしました時点で、講習テキストの用意、講習日程の調整など、 ショップ側で快くCカードを取得できるように、準備をしております。
 その関係上、講習開始後の途中解約、ご返金はお断りいたします。
 誠に恐縮ではございますが、よくご検討の上、お申し込みをお願いいたします。

<カード取得後、ファン・ダイビングを繰り返し経験することで、ダイバーのスキルをあげていきます。
そのため、講習料金をリーズナブルに設定しているためです。ご理解ください。>

また、未成年者の場合は、本人及び保護者の方が、必ずショップからの説明を受けて、その説明にご了解いただいた上で、 お申し込みいただきますよう、お願いいたします。(安全に楽しんでいただくために必要です。)

学科講習の様子の画像 ダイバーセット画像

Cカード取得後は、ファン・ダイビングでまず、経験を。

Cカード取得したら、終わりではありません。ダイバーとしてのスタート地点に立ったばかりです。
ファン・ダイビングを継続しておこない、身体を海になれさせること(より深く潜れるようになるには、訓練が必要)、また、器材をよりうまくつかえるように、
操作技術も自分のものにしていくことが必要です。
そうすることで、ダイビングの技術も上がり、より楽しめるようになります。
上級ライセンスもあるので、それを取得して、ダイバーとしての世界を広げることもできます。
せっかく取ったCカードを無駄にしないようにしましょう。

さらに自分の腕を磨こう。

初級ライセンスを取って、経験を積み重ねたら、ダイバーのインクストラクターができる上級資格や、 仕事にできる国家資格・国家潜水士の資格、船を操舵する船舶免許にチャレンジしよう。

みずもぐらにて、国家潜水士の講習を受けて試験に合格し、様々な現場で活躍している人たちがいます。
また、1級船舶免許も一回で試験に合格した強者も、みずもぐらから輩出しています。

海洋からの太陽

あとは、経験を積んで技量を自ら磨いていきましょう。
経験に勝るものは、ありません。
みずもぐらは、その経験を積む格好の場といえるでしょう。

なぜかと言えば、その経験を積んだベテランたちがいるからです。

玄人集団のように聞こえて、取っつきにくく見えるかもしれませんが、
逆にそれが安心感につながると思います。
なぜなら、安全に留意することが何より優先することを知っているからです。

そして、あなたもみずもぐらで、新しいダイバーを育てたら、ダイビングの時とは違う感動に出会うはずです。
上級資格を取って、ダイビングの腕を是非、磨きましょう。みずもぐらの仲間とともに。

さらに詳しいことは、お客さま窓口、または
お電話、ファックス/0134−24−6960から、お気軽にどうぞ。
ご連絡をお待ちしています。

ライセンスは、チェンジができます。

ダイビングのライセンスは、それぞれのショップが選択したダイビング指導団体の基準に沿った講習をして、ライセンスの発行をしています。
どこのショップでも、計4回の海洋講習を受講すれば、違う団体の同じクラスのライセンスを取ることができます。
他のショップで取ったライセンスをみずもぐらで採用しているNAUIという指導団体のライセンスへチェンジすることができます。

さらに詳しいことは、お客さま窓口、または
お電話、ファックス/0134−24−6960から、お気軽にどうぞ。
ご連絡をお待ちしています。

みずもぐらが採用しているライセンス

日本はもちろん、世界中には、数々のダイビング指導団体があります。
それぞれに、初級からインストラクターレベルまで、いくつかのライセンスがあります。
その中で、PADIやNAUI等のメジャーなライセンスを取得して経験を積み、
最終的に店長が選んだのは、NAUI(ナウイ)という団体のライセンスです。
ですから、両方の良いところを取り入れ、指導し、優秀なダイバーを多数輩出してきた理由はここにあります。

みずもぐらのライセンス取得講習は、こんな感じ。

3人以上のグループで受ける場合は、店長自ら出向き、学科の出張講習を行うこともできます。
海洋講習は、実際の海で行うので、ショップまでご来店ください。
講習日時もショップの営業時間や、あなたのライフスタイルに合わせて、柔軟に対応できます。
どうしようかと思ったときには、店長までご相談ください。
こんな聞いていいのかなと、気にすることなく、どんな些細なことでもお気軽にご相談ください。
店長やサポートスタッフたちが、悩みの解決のお手伝いをいたします。

さらに詳しいことは、お客さま窓口、または
お電話、ファックス/0134−24−6960から、お気軽にどうぞ。
ご連絡をお待ちしています。

ファン・ダイビングを勧める理由

Cカード取得後、ファン・ダイビングを勧める理由とは?
より安心安全に楽しむために、何が必要なのか?
継続ダイビングの重要性について、お話しします。
こちらからどうぞ!

お問い合わせ先はこちら!

当サイト/お客さま窓口

電話/ファックス:0134-24-6960

小さなことでも、お気軽にどうぞ。
お待ちしております。