ダイビングの基礎知識。/命を守るために
  • 1.命の大切さ。AED/自動体外式除細動器について
  • 2.酸素ユニットについて

目の前で突然、人が倒れたならば、あなたは何ができますか?

次のことを、素早く行動に移し、人命救護に当たることが、望まれます。
それが、かけがえのないの命を救うことになるのです。

  1. 目の前で人が倒れたら、まず意識の確認を行い、意識がなければ大声で助けを呼ぶ。
  2. 同時に呼吸の確認・心臓の鼓動確認。
  3. それらが止まっていた場合、人工呼吸、心臓マッサージをしなくてはなりません。


生命の危機は、時間・場所・年齢に関係なく突然おとずれるものです。
救急車が到着するまでには、5から6分の時間が必要です。
一方心停止に陥ってしまうと1分前毎に10%ずつ救命率が低下するといわれ、
その場に居合わせた人の応急手当の仕方で大きく救命率が変わります。
蘇生法の背景にあるのは、通常、平時に突然起こる個人の生命の危機で、
いかに多くの周辺の人々が救命に協力できるのかが、重要になります。
救命活動には年齢など全く関係のない事です。誰かが行わなくてはならないのです。
AEDとは、心臓停止の状態になった人に、自動的に電気的ショックを与え、
心臓を正常な動きに戻す装置です。
実際には、心臓停止になった人の胸に本機器のパットを貼り、自動的に心電図を解析し、
電気的ショックが必要な状態と機器が判断したときのみ、電気的ショックを与えるものです。
平成16年7月よりAEDが、一般の市民にも扱えるようになりました。
心臓突然死の危険に陥った人でも、この機械の利用により、かなり救われる事が期待されております。
 心臓突然死には、早期除細動が極めて重要です。
心疾患の専門家でなくても簡単な操作で確実な除細動を可能にするAED(Automated External Defibrillator)は、
早期除細動の決め手として近年非常な勢いで普及しています。簡単な操作、心肺蘇生の一連の流れをアドバイスする機能や、
メンテナンスの手間を減らす高度な自己診断機能などにより、さまざまな場面で使われています。
 現在、愛地球博、東京国際フォーラム、東京ビッグサイト、各官公庁等、大勢の人が集まる場所には設置が進んでおり、
新たな設置場所として、大型ショッピングセンター、スーパーマーケット、体育館、銀行、学校等、地域に
密着した形での普及も進みつつあります。
 実際のAEDの扱いはとても簡単です。
人がおこなう事は、患者の胸を開け電極を2箇所貼るだけ。
その後、装置が、患者の状態を測定し、自動的に電気ショックを与えます。
当然、電気ショックの必要でない患者には、「必要ない」というメッセージが流れ、放電は行いません。
みずもぐらでは、AEDや酸素ユニットの重要性に鑑み、いち早く、導入しています。


酸素ユニットが必要な理由は、
潜水事故者に対して最も有効とされる酸素をいち早く救急車等が到着するまでに与えることです。
酸素を与えることで事故者の体の中に溜まっていた窒素を洗い流すことが出来ます。

お問い合わせ先はこちら!

当サイト/お客さま窓口

電話/ファックス:0134-24-6960

ぜひ、こちらから、ご連絡を。
お待ちしております。