ダイビングの基礎知識。/ダイビングってなに?
  • 1.スキューバダイビングとは?
  • 2.楽しみ方
  • 3.Cカードとは?
  • 4.ダイビング・スクール

海のレジャースポーツ

優雅に泳ぐ魚たち

真っ青な海で色とりどりのウェットスーツをまとって、タンクを背負った、マスク姿の女性が、色鮮やかな魚と戯れる写真をよく見かけると思います。これが、スキューバダイビングと呼ばれるものです。  スキューバとは、英語のSelf Contained Underwater Breathing Apparatus(自給気潜水器)の頭文字から来ています。  この自吸気潜水器を使った潜水方法が、スキューバ(スクーバ)ダイビングと言われるものです。  これは、圧縮された空気の入ったボンベを携行し、このボンベの空気を呼吸に用い、潜水します。  この方法は、他の方法に比べ、気軽でまるで魚のように自由で長時間のダイビングを可能にしています。

基礎を学んでから。

色鮮やかな魚たち

ダイビングを楽しむには、ダイビング用の器材やその取り扱い方、水中に潜ることによる人体への影響などについて、正しい知識、技能を身につける必要があります。  まず、はじめるには、ダイビングスクールに参加して、初心者向け講習を受けて、潜水指導団体の認定証(通称・Cカードといわれるもの)を取得します。  Cカード(認定証)には、初級レベルから上級レベルまで、段階を追って、いくつかの種類があります。  Cカードがあれば、国内は勿論、海外でのレジャースキューバダイビングを楽しむことができ、水中遊泳や、水中撮影、魚類鑑賞など、様々な楽しみ方もあります。  このような、スクール以外のものを、一般的にファンダイビングと呼んでいます。

潜水技術の証明書が必要

一般ダイバー用とインストラクターを含むリーダーシップ用に大別され、各潜水指導団体が任意で発行しているものです。ライセンスとも呼ばれているものです。 それぞれの潜水レベルによって、いくつものライセンスが用意されており、このCカードを取得してから、 ダイビングを楽しむことになります。

どの団体のCカードも、同じようなライセンス体系になっており、 ショップやスクールは、いずれかの団体のライセンスを選択して、講習を行っています。

スクール選びは、よく調べてから。

学科講習の様子の画像

ダイビングを始めて学ぼうとする人や、上級のCカードを取得しようとする一般ダイバーを対象にした潜水教室です。  初心者を対象にしたものは、4〜5日くらいの講習で行い、学科、プール実習、海洋実習の形式で、初歩的なスクーバダイビングの知識、技術を講習するのが一般的です。

たくさんのスクールがありますので、自分にあったスクールを選ぶことも非常に大切です。 その後のダイビングのとらえ方が、変わってくるかもしれません。

陸上では感じることのできない感動の世界、ダイビングの魅力を発見し続けるには、、ダイビングとの出会い方もとても大切です。

お問い合わせ先はこちら!

当サイト/お客さま窓口

電話/ファックス:0134-24-6960

ぜひ、こちらから、ご連絡を。
お待ちしております。